ご挨拶・プロフィール

ご挨拶

プロフィール

プロフィール

八尋光秀 やひろ/みつひで
1954年12月22日生まれ
福岡県出身
略歴
大川小学校、西南学院中学校、福岡高校、西南学院大学卒業、西新共同法律事務所開設
現在
九州・山口医療問題研究会代表幹事、福岡県医療問題弁護団代表、全国精神医療審査会連絡協議会常務理事、「らい予防法」違憲国家賠償請求訴訟弁護団共同代表、薬害肝炎九州訴訟弁護団共同代表、九州ダルク理事、薬物依存症者のための共同作業所「ビッグ・ママ」運営委員長、精神科医療ユーザーのための通所授産施設ベーカリー&カフェ・ビエント理事、こらーるたいとう:くれよんらいふ理事、鳥取ダルク理事など。
専門分野
医療過誤事件、交通事故事件、労働災害事故事件などの専門事件および離婚、相続などの一般事件のほか、薬害エイズ訴訟、ハンセン国賠訴訟、薬害肝炎訴訟などの集団訴訟、刑事冤罪事件などに関わり、「患者の権利宣言」「患者の権利法」運動に参加、医事法学会、国際人権法学会に所属。
登録
福岡県弁護士会
〒810-0043 福岡市中央区城内1-1
TEL 092-741-6416

弁護士自治というもの

権力者の振る舞いがもつ危うさから、人間の権利を擁護すること。それが弁護士、弁護士会の使命です。
弁護士自治というのは、弁護士は弁護士だけで構成する弁護士会の監督に従い、行政官庁やその他のあらゆる権勢に服さないという制度です。弁護活動の正当性は弁護士みずからが弁護士会とともに守らなければいけないという原則です。そのために弁護士は必ず弁護士会に所属しなければ活動できません。
人は権力の座に就けばさらに強い力を求めます。すべてを支配したいという疼きにもにた欲求です。政治だけに限らず行政にも司法にも及びます。
権力の座に在るものは弁護士会や弁護士に従順であることを求めます。それは弁護活動への監督権や懲戒権の行使という「正装」をまとってやってきます。
権力の暴走はこれまで、悲惨な戦争を行ったり、理不尽な人権侵害を強い、人々のかけがえのない命や人生を踏みにじってきました。市民とともに弁護士はこれに立ち向かい、人々の命や人生を守ろうとしてきました。しかし巨大な力は弁護士・弁護士会の活動を歪め、市民との連帯を引き裂きました。
私たちが再び悲惨な戦争に向かわないように。人間を理不尽に隔離し拘束することがないように。縛めから人々をできるだけ早く解き放ち、その人の命と人生と名誉とを回復できるように。弁護士が弁護士自治のもとで、あらゆる権力に屈することなく使命をまっとうできるように。権力が弁護活動に介入することを禁じました。
長くなりましたが弁護士自治という制度の意味を説明しました。

所属

  • 西新共同法律事務所
  • 〒814-0002 福岡市早良区西新4丁目9番39号仲野ビル6階
  • TEL 092-844-0071
  • FAX 092-844-0074
  • 事務所アクセス
  • 地下鉄姪浜線より徒歩1分
  • 都市高速百道インターより車で4分

地図

大きな地図で見る

西新という町

西新商店街

私の事務所は西新の中心部にあります。木下隆一、橋本千尋両弁護士と私の3人で開設しました。1984年4月のことです。
この町に私の出身中学・大学があります。馴染み深く大好きな町です。西新町商店街には人が生活するのにかかせないいろんな食品や日用品が並んでいます。リヤカー部隊があり、美味しい店があります。それぞれが切磋琢磨しながら活気にあふれています。交通にも生活にもとても便利。見るだけでも楽しい町。住むならもちろん、散歩がてらにぶらりと歩きまわるのもいいでしょう。