大崎事件

私は高隈事件国賠訴訟の法廷で、その人と初めてお会いしました。冤罪高隈事件で捜査主任をされた警察幹部の尋問を行った日でした。

 

彼女は傍聴席から私たちの法廷活動を見据えておられました。尋問がすんで支援の方の紹介で立ち話。ほとばしるように無実の言葉が流れでてきました。私の受け皿が小さすぎてその日はそのまま別れました。その後何度もお電話をいただきました。とにかく長くなる電話でした。手紙もいただきました。丁寧な字で何千字にもおよぶものでした。

 

高隈国賠一審勝訴判決がでて、この方の再審準備に入りました。彼女は被害者の長兄あたる方の嫁。彼女の刑期10年で一番長く、「あなたは所内での生活態度がいいので、事件の反省さえすれば仮釈放がもらえる」と刑務教官にすすめられたが「やっていないから反省することはない」と罪を認めず満期を務められました。共犯者とされた被害者の長兄にあたる夫も次兄も次兄の長男もすでに刑を終えて出所されていました。

 

離婚された長兄に面談しました。被害者のご遺体は牛小屋に遺棄されていました。その地続きの隣家の自宅で一人暮らしをされていました。ご遺体が発見され誰も住まなくなった弟の家を自宅とともに守っておられました。庭もきれいに保たれ、花を愛でておられました。「私は何も悪いことはしちおらん」そう震える声で話されました。「ご一緒に再審請求されませんか」「刑務所でちゃんとつとめてきたし、なにもしなければ、もうなにもされない」と静かに生きるほうを選ばれました。その長兄も亡くなられました。話しぶりから知的な障害のあることがうかがえました。

 

次兄もその長男も濡れ衣だと叫び、再審請求をしてくれる弁護士を探されていました。次兄は再審請求をもちかけた弁護士から「無罪の証拠をもってきてください。」そう言われて失意のうちに自死されていました。長兄と同様に障害があるとうかがいました。

 

次兄の長男は無実を叫びながら精神病院に入院させられていました。吃音があり知的な障害や精神的な不安定さにたいへんな生きづらさもっておられました。第1次再審で検証の折に、大声で騒がれました。

 

犯行があったとされるその夜、彼はなにも知らずに寝ていただけ。のちにご遺体で発見された被害者であるおじさんの行方を探す手伝いをしていただけ。そう繰り返し大声で叫んでおられました。「お前の指紋が現場についている」と警察官に云われました。そのうえ陰毛をむしり取られ「これが証拠だ。お前は強姦して女を殺した」そう問い詰められた。おじさんを探す加勢をした時に現場も回ったので指紋もついただろうし、もう何を言っても信じてもらえない。そう絶望して自白調書に署名した。といって泣きました。

 

その彼は第1次再審1審の途中で合流し、証言をした後、再審開始を待ちきれず自死されました。

 

それでは事件を見てみましょう。

 

この事件は1979年10月、鹿児島県曽於郡大崎町で起こった事件にかかる冤罪事件です。

 

1979年10月15日大崎町の自宅併設の牛小屋堆肥置き場で、同月13日から行方が知れなかった家主(当時42歳)がご遺体で発見されました。その3日後の10月18日その長兄(当時52歳)と次兄(当時50歳)が殺人及び死体遺棄容疑で逮捕されました。逮捕理由は先行した任意取調の3日目深夜に二人が犯行を自白したとされています。

 

はじめはこの2人の犯行として自白させられましたが、長兄は足が悪く2人だけで、殺人を敢行しご遺体を運んで遺棄するのは無理とし、次兄の長男が死体遺棄に加担したとの自白供述に変わりました。

 

さらに警察はこの3人の人たちでは犯行を計画することさえできないと考え、長兄の妻を主犯とする保険金殺人と見立てて追及しました。

 

長兄の妻が酒癖の悪い義弟を保険金目的で殺害することを企図し、長兄と次兄に指示して実行させ、次兄の長男に加勢をさせて遺棄したとの想定です。この想定に基づいて長兄、次兄の自白供述が作られ、10月27日には次兄の長男(当時25歳)が死体遺棄容疑で逮捕されました。ついで同月30日に長兄の妻(当時52歳)が殺人・死体遺棄の首謀者として逮捕されました。長兄、次兄、次兄の長男はそれぞれ警察の見立てどおりの自白供述をさせられ起訴。彼らは起訴後も争うことができませんでした。長兄の妻は捜査の初めから否認を貫きました。

 

1980年3月31日、鹿児島地方裁判所は警察・検察の想定通り長兄の妻を主犯、長兄と次兄らが被害者を西洋タオルで絞め殺し、次兄の長男に手伝わせて牛小屋堆肥置き場に死体を遺棄したとして有罪としました。動機とされた保険金目的は矛盾証拠があり認めませんでした。長兄の妻に懲役10年、長兄に懲役8年、次兄に懲役7年、次兄の長男には懲役1年の判決でした。長兄の妻は一貫して否認を続け即日控訴しました。長兄、次兄、次兄の長男は審理中から罪を認め控訴しませんでした。

 

福岡高裁宮崎支部は同年10月14日長兄の妻の控訴を棄却しました。彼女はさらに即日上告しましたが、最高裁は1981年1月30日、上告を棄却し有罪判決を確定させました。長兄も次兄も次兄の長男も自分の裁判では罪を認め、控訴も上告もしませんでした。しかし、長兄や次兄は長兄の妻の法廷では、自らも無実だと証言しました。次兄の長男は、刑務所の中でも、出所後の自宅近所や病院でも、「やっちおらん」と大声で叫び続けました。

 

知的障害・精神的障害の存在を確認することなく、その弱点を突くように自白供述が作られた。その共犯者とされる人たちの悲しいウソの自白を有罪証拠とした冤罪事件です。

 

1995年4月鹿児島地方裁判所に彼女の再審請求をしました。1997年9月には次兄の長男が再審請求に加わってくれました。その彼も再審請求審での証言後、開始決定を聞くことなく「裁判官も信じちてはくれん」と心閉ざして自死しました。

 

2002年3月26日再審開始決定を得ました。しかし検察の即時抗告に福岡高裁宮崎支部は2004年12月9日に再審開始決定を取り消しました。最高裁は私たちの特別抗告を2006年1月30日に棄却しました。この間の2004年1月、次兄の長男の再審請求を受け継いでいただいたその母もなくなり、次兄の長男の再審請求は請求人死亡につき終了しました。

 

2008年8月30日に、第2次再審請求を鹿児島地方裁判所に提起しました。2011年8月30日に長兄の娘さんが加わってくださいました。しかし、第2次再審請求は、2013年3月6日請求棄却、2014年7月15日即時抗告棄却、2015年2月2日特別抗告棄却という結果となりました。

 

私たちは、すぐに第3次再審請求をいたしました。2015年7月8日、長兄の娘さんと一緒です。迅速でかつ充実した審理がなされ、2017年6月28日鹿児島地方裁判所で2回目の再審開始決定が出されました。同年7月3日即時抗告がなされ、現在は福岡高裁宮崎支部において審理がなされています。

 

再審開始の要件となる新証拠の多くは捜査機関の手元に眠っています。有罪を疑う証拠は、警察や検察の段階で見逃され、廃棄され、留め置かれます。被告や弁護側に開示されることはなく、ましてや裁判所に提出されることはありません。

 

この事件でもそうでした。現場に残された足跡や指紋は収集されたはずですが提出もされず検討もされていませんでした。被告を有罪とする証拠ではなかったからです。それは請求人らを有罪とすることに疑いを生じさせる証拠でもあります。彼らは、何の細工もせずに、現場に立ち入り、穴を掘り、被害者を埋めたことになっています。しかし、請求人らの足跡は一個も発見されていません。指紋も、毛髪も、その他の客観的な痕跡は何も残されていません。

 

警察の現場保存と現場からの証拠収集がずさんだったのでしょうか。そんなことはありません。丁寧に一個づつ足跡の型を残さず石膏にとっています。堆肥をすべて掘りあげて、虫眼鏡とピンセットでより分け、請求人らの毛髪を探しています。現場からは請求人らの指紋も足跡も採取できませんでした。使用したとされる道具からも指紋は取れませんでした。

 

共犯者とされた人を含む関係者の供述を含めて、請求人らが有罪であるとすれば必ず存在し、採集できたであろう証拠はどこにもありません。

 

再審請求審では、早期に、捜査段階から収集してきた全証拠を開示すること。この全証拠開示こそが審理の出発点です。そうでなければ有罪判決の正当性を確かめられません。刑事裁判といえども、判決は、その時点で提出された証拠に基づく判断にすぎません。しかし、それはひとの人生、命そして名誉を奪います。ですからその確かさは時代を超えて検証される必要があります。そうであってはじめて、社会的正義であり、司法の権威は保たれます。

 

いまやっと少しずつ冤罪事件が明るみにでてきています。えん罪に蓋をするのではなく、えん罪を発見し検証することによってはじめて刑事司法はよりよいものへと発展します。えん罪を発掘しこれを刑事司法改革へつなげていくシステム。これをみなさんとともに構築していく時代になりました。

 


関連記事